家でも作れるプリザーブドフラワー

###Site Name###

プリザーブドフラワーと言えば、特殊な加工がしてあり素人には手が出しづらいイメージを持っている人も多くいます。

フラワーアレンジメントをする人でも、花材はすでに加工済みのものを使う人がほとんどでしょう。

プリザーブドフラワーの情報が欲しい方必見です。

しかし現在ではプリザーブドフラワーを加工するための道具も手軽に手に入るようになり、自分で一から作ることもできるのです。
A液と呼ばれる脱水・脱色用の液体と、B液と呼ばれる着色用の液体、そして生花さえあれば、あとは自宅にある道具でチャレンジできます。

必要なのは密閉容器・ビニール(ゴム)手袋・ピンセット・乾燥用ネット・はさみなどです。

手順を簡単に説明すると、生花をA液に浸して脱水・脱色を行い、その後B液に浸して着色をします。



着色後は再びA液で洗浄し、乾燥すれば出来上がりです。

こうしてみると、作業工程はさほど多くなく素人でも比較的手軽に挑戦することができるのです。

livedoorニュースを考える人にお勧めの情報を公開しているサイトです。

花を浸しておくための密閉容器や、乾燥時に使うネットなどは、家にあるものを工夫して使えば新たに買い足す必要はありません。

生花を選ぶ時は新鮮で傷のないものを選んだり、乾燥時に自然乾燥させるかドライヤーで乾かすか、その他様々な条件でプリザーブドフラワーの出来栄えは変わります。


うまく作れるようになれば、売られているのと遜色ない出来栄えのプリザーブドフラワーを作ることも不可能ではありません。

そうなるとアレンジメントの幅もグッと広がるので、プリザーブドフラワーの自作に挑戦してみる価値はあります。